Topics

TOP > Topics > マスクのゴムひもを耳にかけないから、耳が痛くならない。「くびにかけるくん」 発売

マスクのゴムひもを耳にかけないから、耳が痛くならない。「くびにかけるくん」 発売

2015年02月12日

□長時間着用時の耳の痛みを解消するアイデア商品

マスクは、風邪やインフルエンザの流行、花粉が飛散する季節に欠かせないアイテムですが、長時間使用しているとゴムひもで耳が痛くなるというデメリットがあります。 弊社ではこれを解消するアイテムとして、自社で加工している発泡体に着目し、ゴムひもを首の後ろで固定する「くびにかけるくん」を開発しました。

□特徴

  • これまで類似商品としてひもにカバーをするなど、耳を守る商品はありましたが、耳の痛みの軽減はできても、根本的な対策ではありませんでした。しかし、「くびにかけるくん」は、そもそもマスクを耳にかけない構造のため、耳が痛くなりようがなく根本的な対策品になっています。
  • 首回りや頭の大きさに応じて調整できるよう、3ヶ所の調整穴があり、どなたでも負担に感じることなく、マスクを長時間着用する事ことができます。
  • 製造時に化学発泡剤を使用せず、ポリオレフィンフォーム特有の嫌な臭いが一切ない発泡体を採用しました。
  • 使い捨てタイプの安価なマスクでも耳の痛さを感じずに着用することができるので、必需品のコスト削減にも役立ちます。

意匠登録取得!! 【登録第1526471号】

kakerukun